ロゴ
HOME>口コミ>タクシードライバーになるなら会社選びが重要【求人の選び方】

タクシードライバーになるなら会社選びが重要【求人の選び方】

タクシー

タクシードライバーの求人を選ぶ際は、福利厚生が充実しているところやお客が利用しやすく好印象な会社を選ぶと安心です。求人の選び方についてタクシードライバーに就職した人の声を参考にしましょう。

口コミ一覧

求人情報で会社の福利厚生の充実度を比較しました(40代 男性)

運転の仕事は体が資本だけに、東京でタクシードライバーになるときは求人情報の中でも特に会社の福利厚生の充実ぶりについて調べました。タクシードライバーの仕事は初めてということもあり、まず二種免許の取得サポートがあるかどうかを比較検討して会社をピックアップしました。入社した所は初乗務までその費用を全額負担してくれたため、ドライバーとしての一歩を安心して踏み出すことができ、満足しています。また40代になってからは少しずつ体力的な面でも衰えを実感するようになりました。そのため福利厚生の中でも健康保険や健康診断の補助内容なども参考に決めています。さらに稼ぎを考えての東京への単身赴任だったので、会社寮の有無や生活補助も考慮してタクシー会社を選びました。

求人サイトから好印象のタクシー会社を選びました(30代 男性)

収入面での良さも魅力だった東京でタクシードライバーになるために、求人サイトを利用して会社を選びました。特に重視したのはタクシー会社の印象です。旅客業である以上、好印象な会社の方が職場の働きやすさも違ってきます。タクシードライバーの仕事は歩合給のため、社員が利用しやすい会社はお客さんも利用しやすいという判断もありました。募集の文言や求人ページに掲載されているドライバーの方たちの雰囲気などをチェックして、その上で待遇を比較検討して選んだ一社に入社を決めました。入社後は予想した通り同僚のドライバー間の仲もよく、社内イメージも良好です。新人研修も親身に教えてくれたので、東京でタクシードライバーとして無事デビューができました。